エリンギと塩豆腐と豚肉の生姜餡かけ

a0193137_2122580.jpg


気づけば、12月…!

本日は雪がこんこんと降り続いております。
スキー場も中山峠や手稲も次々とオープンし…まさに冬到来!
う~~さぶい寒い~~~!

今回は「あったかおいしいきのこ料理」ということで
エリンギと塩豆腐と豚肉の生姜餡かけを作りました~。

つくりかた ::::::::::::::

前日、豆腐に塩をふり冷蔵庫で水切りしとく。
フライパンで1口大に切った豆腐と豚肉を焼き、塩コショウする。
(焦げ目つくようあまり動かさない!)

豆腐の両面がきつね色になったらエリンギ投入。

火が通ったら皿に盛る。

餡をつくる。
空いたフライパンにそのままおろし生姜を入れ、軽く炒め、水1カップ、醤油・酒大さじ2、砂糖小さじ1入れて煮立たせ、一度火をとめ水とき片栗粉でとろみをつける。

皿に餡をかけ、小ねぎをふり完成!

:::::::::::::::::::::

食べるときはよく餡を絡めて絡め~るして食べたほうがうまいどぇす◎

エリンギや豆腐は味が染みずらいので、餡を絡めるっていうのは・・いい組み合わせだ!!

夫「うまいー!餡も生姜きいてておいしい。これ、かなり上出来だ!」
うしし!私もそう思う!!いい出来だよね。

夫「うんうん。悪いけど前の豆腐ステーキよりレベル高い!!」

なんだっ。前の豆腐ステーキを悪く言わなくてもいいべさ。
でもたしかにこっちのほうがうまいもね。
誉めてるのだから素直に受け取ろう・・むむむ。

a0193137_2124131.jpg


さて、エリンギについて。

体に良さそうな感じは常々しておりましたが、
調べてみると、体にイイこといっぱい。

中性脂肪吸を抑制するので、ダイエット効果もあり。

コレステロールを抑え脂肪肝を防ぐ働きをするため、様々な肝障害の予防にもなるようす。

それにしてもエリンギ・・・名前も独特。
エリンギってなんだ??すごい名前。

由来は、和名として正式名称がないため、学名 Pleurotus eryngii(Dcex Fr.)Quel (プレオロータス エリンジ)から、「エリンギ」と呼ばれるようになったそう。

ヨーロッパや北アメリカのセリ科植物のエリンジウムの根の部分に生えるキノコで、日本にはエリンジウムが自生してないため生えないキノコだそうです。



a0193137_2423761.jpg

どことなく欧米の雰囲気が醸し出されているエリンギ先生。
趣味はガーデニングで隠れロマンチストとのこと。
しかしエリンギ先生はホクトで開発されたので生まれも育ちも北海道なハズっ



::::::::::::::::::::::


キノコは、食物繊維が豊富なので便秘にきくし

免疫力を高める効果があるので風邪予防にもなる。

エリンギも含め、キノコは栄養たっぷり。
冬は風邪を引きやすいし、たくさんキノコを食べて元気に乗り切りたいど~~◎◎◎


ホクト×MaM-CaN きのこの魔法

ホクトのきのこは北海道産~!!

♪ おいし~い きのこは ホ・ク・ト ♪ 

 

::::::::::::::::::::

余談ですが塩豆腐について・・・

このたび初の試みで、豆腐の水切りの際に塩かけたらより水が切れて良いんでないかい!?
と思いつき、作ってみた次第でして・・・我ながら、こりゃいい思いつきだ!と考えたのですが・・・

はなまるマーケットや料理サイトでは一時話題だったご様子・・・?

私が知らなかっただけだったのねえ!!
食べごたえも出るし、とっても気に入りました。
まだお試しでない方、是非ともお試しくださいまし◎◎◎

:::::::::::::::::::::
[PR]
by abo-life | 2011-12-04 08:00 | 料理
<< 薬用ピュオーラいろいろ ::モ... 雪印 1才からのチーズ ::モ... >>